湖のほとりで・・・


心の感じるままに・・・
by mizuumis
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
結婚の準備3 お祝い♪
at 2015-06-16 09:43
結婚の準備2 リングピロー❤
at 2015-06-01 15:57
Birthday♪
at 2015-05-22 11:25
結婚の準備1
at 2015-05-20 14:28
春がきました❤
at 2015-04-30 17:16
最新のコメント
>harutibeさん ..
by mizuumis at 14:38
結婚式も終わり新婚さんで..
by harutibe at 15:58
>harutibeさん ..
by mizuumis at 01:27
>harutibeさん ..
by mizuumis at 01:15
>harutibeさん ..
by mizuumis at 01:09
なんて素敵な姪っ子ちゃん..
by harutibe at 17:25
わぁ~~、白いバラのリン..
by harutibe at 23:16
遅ればせながら、お誕生日..
by harutibe at 23:14
フォロー中のブログ
ブログパーツ
トリップアドバイザーにお勧め
ブログとして認定されました♪
河口湖 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
最新のトラックバック
from Photo nob 雑写帳
サッカーW杯観戦(4)決..
from 人生馬並み.com
夏至 湯
from ニュース速報!早読み30秒。
日本、見事にメダル5枚目..
from はまかぜマリンワールドの趣味..
五輪観戦レポート(11)..
from 人生馬並み.com
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:観劇( 13 )


シスターアクト♪

ウーピー・ゴールドバーグ主演の映画「天使にラブ・ソングを…」がミュージカルに058.gif
プロデューサーは、なんとウーピー・ゴールドバーグご本人060.gif
日本で初演のミュージカル。

d0143880_23563634.jpg

先週末、シスターアクトを帝国劇場へ観に行ってきました!
Wキャストで森久美子さんと吉原光夫さんの公演です。

ストーリーは歌手デロリスが、殺人事件を目撃し、ギャングに追われることから始まります。
警察の指示で、デロリスは修道院に匿ってもらうことに…そこで繰り広げられるストーリー。

d0143880_23564433.jpg

楽しくて 003.gif でも 泣ける007.gif
デロリスの森久美子さん、本当に楽しい!迫力ある歌も健在060.gif

ラフルアー宮澤エマさんの歌に感動 007.gif 何度涙(;_;)したことか…。
私は初めて拝見する方でしたけど、素敵な声の持ち主でいらっしゃって、伝わってくるものがありました。


笑って、泣いて感動して、あっという間の3時間弱でした。
Wキャストの瀬奈じゅんさんのデロリスも気になる。観てみたいなぁ…。



[PR]

by mizuumis | 2014-06-14 00:18 | 観劇

エリザベート 観劇♪

ずっと念願だったエリザベートを観に行ってきました。

今迄、公演と私のお休みのタイミングが合わなくて、ずっと行けなかったのですが008.gif
やっと行くことが出来ました042.gif

d0143880_1341721.jpg


d0143880_1343578.jpg


山口さんの存在感の大きさを感じました。

d0143880_13131149.jpg


念願叶って良かった~060.gif
[PR]

by mizuumis | 2012-06-01 13:14 | 観劇

エリザベート♪

今日は、これから念願の「エリザベート」を観劇します001.gif

楽しみ~003.gif060.gif
[PR]

by mizuumis | 2012-05-29 18:14 | 観劇

美女と野獣

先日、劇団四季の「美女と野獣」を観に行ってきました。
以前に京都で見て以来、何年ぶりになるのかな・・・。

上演劇場は大井町にある四季劇場「海」「夏」
d0143880_747173.jpg


d0143880_7541467.jpg


京都の劇場もそうでしたが、生演奏ではないのですね…。ちょっと残念。


それでも、暗くなって音楽と共に幕が開く・・・この瞬間が心躍ります016.gif

フランスの片田舎に住む美しい娘ベルのお話。
美しいけどちょっと変わり者と言われているベルは父モリースと二人暮らし。
ある日、父が森の奥深くにある城に迷い込んでしまい、囚われの身になってしまう。
モリースを探すベルが、城で父に再会し喜ぶのも束の間、野獣に見つかってしまい、
父を助けるため身代りになって城に一人残る決意をするベル。
悲しみに暮れるベルを励ますのは、お城に居る召使たち。魔法でろうそく台や時計、
ポット、タンスに替えられてしまっているが、素敵なおもてなしで元気を取り戻すベル。

ある日、入ってはいけないと言われていた西の塔へ入ってしまったベル。
怒った野獣はベルを傷つけてしまい、ベルはお城を飛び出して森へ逃げてしまう・・・。


どんどんステージに引き込まれ、いつしかベルの気持ちになって見ている…。
ポット夫人の歌声に合わせて二人がダンスをするシーンは、もう感動・感動!!
ポット夫人の声も素晴らしい060.gif
ベルの美しさも、二人の幸せの様子も053.gif全てが感動。

前に観た時もこんなに感動したのかな…?
そんなことを思いながら3時間に及ぶステージを堪能しました。

観に行って本当に良かった016.gif
また、いつか行ってみたいな~と思います。
[PR]

by mizuumis | 2012-03-22 08:51 | 観劇

ミュージカル 「モーツァルト!」観劇

先日、11月28日に帝国劇場で上演されている ミュージカル「モーツァルト!」 を観に行ってきました。

あの“天才”といわれているヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが、
どんな風に描かれているのだろう・・・そんな事を思いながら。

d0143880_259535.jpg


このミュージカルは、幼い頃に「神童」と呼ばれたモーツァルトが、周りからもてはやされている…そんな所から物語が始まり、モーツァルトは成長するにつれて、本当の自分と、周りのイメージとの差に戸惑いを感じ始める・・・。
そんな感じです。

Wキャストだったので、行った日の公演はこの方々。
d0143880_330160.jpg


モーツァルトは天才で、さらさら曲を書いていた…そんな風に思っていたのですが、
ここで描かれていたモーツァルトは、結構苦しんでいました。

天才が故に抱えていた悩み、孤独、葛藤も、そして家族との関係・・・
こんなにまで、悩んで苦しんで曲を書いていたのか。


そんなモーツァルトの生涯を上手く表現していたのが音楽060.gif
オープニングの雰囲気から全体を通して、実に色んな雰囲気の曲が使われていました。
クラシック風からバラード、ちょっとpops系だったり・・・
はじめは、そのpops系の曲の雰囲気に「どうなんだろう?026.gif」と思ったのですが、
2部では払拭!!むしろ、それが良かった。
素晴しい歌と踊りに、引き込まれて見入っていました。

モーツァルトとコンスタンツェ(モーツァルトの妻)との愛を歌う曲も素敵だったし012.gif
ヴァルトシュテッテン男爵夫人の「星から降る金」は、メロディーも素敵、歌も素晴しく、
聴いていて涙が出てきてしまったくらい007.gif


そしてモーツァルト役の山崎育三郎さんが、とっても素敵だった016.gif
苦悩や葛藤が凄く伝わってきて、見入っていましたし、
香寿たつきさんが歌った「星から降る金」は、本当に素晴しくて
ミュージカルが終わってからも、ずっと耳に残っていました。


いつも、行った公演は記念にパンフレットを購入するのですが、
今回は、ミュージカルモーツァルトのCDを購入しました060.gif
どうしても、「星から降る金」の曲が聴きたくて・・・。
でもCDは2005年上演した際の録音でしたので、歌っていたのは一路真輝さんでしたが。


CDを聴いて、改めてミュージカルモーツァルトの事を思い出しています。
音楽と共に、観ていた光景が思い出されてくる・・・
そして思い出してはウルウルしている私。
改めて音楽の力って凄い!と実感。

また是非行ってみたいな~ 016.gif と思えるミュージカルでした。
[PR]

by mizuumis | 2010-12-01 23:22 | 観劇

ミュージカル「キャバレー」 観劇

先日、ブロードウェイミュージカル「キャバレー」を観に行ってきました。
日生劇場にて。

d0143880_11152331.jpg


藤原紀香さんのミュージカルを観劇するのは、昨年に続き2回目。
紀香さんて、素晴しい声の持ち主053.gif
確実に昨年よりも、パワーアップしていらっしゃいました。
舞台で一人で歌うシーンは・・・感動でした。
ドラマも素敵だけど、舞台で演じている紀香さんの方が、より素敵に思えました。

ビックリ005.gifしたのが、諸星和己さん。さすがエンターティナーだなぁ・・・。
昔を髣髴させるシーンもあって071.gif…会場中から大拍手!!


3時間に及ぶステージ。スタンディングオベーション072.gif
素晴しい公演を観る事ができました。
[PR]

by mizuumis | 2010-01-13 11:45 | 観劇

野村万作さんの公演行って来ました!

初めて、“狂言”を観ました。
人間国宝である野村万作さんの公演です。

狂言・・・聞いたことはあるけど、観た事は全く無く、知識も無い。
こんな私は場違いかしら??と思いつつ、会場へ。

公演時間になると、出演者の方が「狂言の見方と解説」を大変分かりやすくしてくださいました。

狂言は喜劇である。大声で笑ってもいい003.gif
お話は、人が亡くなることは無く、大概笑って終わるのだそうです。

なるほど・・・045.gif 勉強になりました。


そしていよいよ野村万作さんの公演のスタート。
舞台に出ていらした時のオーラ、なんともいえない味のある演技。
ハリのある声! 姿勢。・・・本当に素晴らしかった。

そして、ビックリしたのが狂言をする時の姿勢。
中腰のように腰を落として歩く。
これは体力的にもかなりキツイはず。。。大変失礼ながら年齢は78歳。 
体力も気力も精神力も全てにおいて、素晴らしい方なんだぁと思いました。

言葉の使い方が難しいところもありましたが、それよりじっと狂言の世界に見入ってしまい、あっという間の時間でした。
慣れてくると楽しめるもので、最後には私も一緒に 003.gif 笑って拝見する事ができました。

日本の伝統芸能である“狂言”
たまには日本の文化に触れてみるものいいものだなあ・・・と思いました。
[PR]

by mizuumis | 2009-08-22 23:13 | 観劇

市川染五郎さんの公演行ってきました

先日、市川染五郎さんの公演に行ってきました。

染五郎さんの公演自体も初めて観にいきましたので、とても楽しみにしていました。

ステージに染五郎さんが出ていらして、お話を始めました。
今回は新しい日本舞踊を見せていただけること。
日本舞踊松本流の家元として、「音に合わせて体を動かす」ことを「おどり」の定義として、新作舞踊を作ってこられたこと・・・などお話いただきました。

そして話を終え、ステージ中央へ立った染五郎さん。
一瞬にして場の空気が変わり、染五郎さんに釘付けでした。

立ち振る舞い、踊りも素晴らしいことは勿論、やはり「魅せる」ステージでした。
そして音楽060.gif 
太鼓や鼓、三味線、尺八などの和楽器を使って奏でられる音楽が素晴らしい!
「和楽器でここまでできるんだ・・・」と思ってしまうほどのリズミカルな音楽で、
舞踊も音楽も両方楽しむ事ができました。

そして、染五郎さんの奏でる鼓。
これがまた素晴らしかった。
鼓って、あれほどまでに表情のある楽器とは思いませんでした。
音の大きさはもちろん、音程の低い~高いまで、色んな種類の音がでるのにビックリ005.gif

最後は地元の皆さんによる生演奏にのせて、地元の子供たちをはじめとする方々が
一緒に踊られました。

カーテンコールでは、染五郎さんがプロデュースしていらっしゃるという
NHK教育の「かぶきたいそう」を皆さんで踊ってくださいました。


私は歌舞伎は何度か観たことがありますが、今回の新作舞踊は勿論初めてでした。
でも、大変観やすく、入りやすく、なにより染五郎さんが素敵でした。
あれだけの時間を一人で魅せて踊っていらっしゃる。

本当に多くの発見があった日でした。
是非、次の機会も観に行きたいですし、他の公演も行ってみたいな…と思いました。
[PR]

by mizuumis | 2009-08-11 00:42 | 観劇

中国障害者芸術団

中国障害者芸術団~千手観音 My 夢 Dream~ の公演へ行ってきました。

テレビで何度か見たことはありましたが、公演を観たのは初めて。
d0143880_11455598.jpg


公演は千手観音から始まりました。
聴覚障害者とは思えないほど、息のピッタリあったステージ。
ソロの美しい舞踊から20人くらいの力強い舞踊まで。
とても音の無い世界での舞踊とは思えないほどの素晴らしいステージ。
他にも視覚障害者による独唱、楽器の演奏や舞踊。

あそこまでのステージにするには、多くの苦労があっての事と思いますが、
努力に敬服。涙の出る思いで観ていました。
終わってみれば2時間15分の休憩無しの公演。
鳴り止まない拍手、オールスタンディングオベーションでした。

サインをしてくださったり写真OKでしたので、撮らせて頂きました。
ちょっとブレているのが残念。。。
d0143880_1146863.jpg


本当に素晴らしいステージでした。
[PR]

by mizuumis | 2009-06-12 12:08 | 観劇

ドロウジー・シャペロン 観劇

藤原紀香さんのミュージカル060.gifドロウジー・シャペロン観てきました!

内容はブロードウェイの大スター、ジャネット・ヴァン・デ・グラーフが、
避暑地でロバートと恋に落ち、人気絶頂で突然結婚、引退を宣言。
結婚式当日、会場には個性の強い面々が集まり・・・というもの。

ステージは明るく賑やかで、役者さんも豪華メンバーでしたので
見ていても楽しかったです。
2階からの観劇だったので、もっと近くから見たかった~と
思ったのが正直な感想です。

紀香さんは本当に綺麗で、ステージに出てきた時に華がある!!
足も長~く、背も高く、本当にスタイルよいし、顔も小さいし。
トレーニングされた180度開脚も素晴らしく、拍手!!
本当に努力されたんだな…と。涙。。。
最後まで美しく、華があった紀香さんでした072.gif

そして木の実ナナさんは存在感があって素敵でしたし、
なだぎ武さんや小松政夫さんや中村メイ子さんもいい味出していた…
というかそのまま!配役ピッタリでした。

今回のミュージカルは今まで見たミュージカルとは違ったタイプのものでした。
今までに観たミュージカルはじっくり観るもので、それなりの集中力があって観ていたのです。
でもこのミュージカルはナレーター役の小堺一機さんが、
お気に入りのレコードを聴きながら私達に解説してくれる…というもので
随所に彼の解説や主観が入るのです。
これが私には・・・ちょっとがっかり015.gif
集中して見始める頃に・・・解説。
あ~いいシーン・・・解説。。。みたいな。
でも「ミュージカル・コメディ」と言うことと、
小堺さんの役をきちんと理解した上で観れば納得なのですが。

人によって感じ方が違うので、あくまでも私の感じ方ですけど。

それでも、最後は紀香さんの美しさに涙が出た・・・。
努力の人なんだな…と。本当に綺麗だった。
また、違う魅力の紀香さんで、益々これからの活躍が楽しみ☆
[PR]

by mizuumis | 2009-01-11 23:00 | 観劇